生活記録ノート

迷走中の節約系シンプルライフ

千里の道も一歩から 、の裾上げ

simplesingle.hatenablog.jp 一時間以上かかったまつり縫い。 Before写真はありませんが、8cmくらい短くしました。 ミシンで仕上げると早いのですが、ここは頑張りました。 鋏を入れたのに似合わず出番のないスカート、にするよりはこのままリサイクルショッ…

醤油とみりんと酒

1パック98円の立派な原木椎茸の一部とえのき。 頂いた大根葉。 しかし、これでは弁当のおかずにならない。

【十五の夏 上】

旧ソ連時代、社会主義国を一人旅で訪れる高校生のお話。 simplesingle.hatenablog.jp 数ヶ月経って上巻を手にしました。 日本の旅行会社の担当者、泊まったホテルの係員、書店員、ハンガリーのペンフレンド、ユースホステルで会った東ドイツからの旅行者など…

気をつけていれば防げる心痛と出費

先週、運転免許の更新に行ってきました。 ずっとゴールドなのは、たまたまです。 時間がない時は安全は二の次になってしまっていて、いつ一旦停止とかスピードで違反切符を切られていてもおかしくはなかったのですが。 講習では、気が引き締まる、というかハ…

糖質以外何もない

本日の昼ごはん かぼちゃと、じゃがいもエリンギのバター醤油炒め かぼちゃのポタージュ 買い物に行かないのでこうなりました。 行っても、全般に野菜の値段が高いので、きのこ類とモヤシにしか手が出ない昨今。

調味料に頼る

大根と油揚げ煮は創味シャンタン、ゴーヤと高野豆腐は牛肉ダシ(ダシダ?)で味をつけました。 そう、ゴーヤをまた頂いたのです。 実家でごはんを作ると、たまに父が褒めてくれます。 でも、それは味の素コンソメとかめんつゆとか残っていた合わせ調味料を消費…

おとぎ話のような【そしてバトンは渡された】

良い意味でおとぎ話のようでした。 血の繋がっている親からの虐待のニュースが絶えない現代ですが、名字が何回変わってもヒロインはそれぞれの親から愛されて育ちます。時には、お世話になっている大家さんからも。 瀬尾まいこさんのお話は、主人公はわりに…

【冷蔵庫によろしく】

最近、無料動画サービスGYAO! で土日更新される韓国の料理バラエティ「冷蔵庫によろしく」を楽しみにしています。 シェフが対決するかつての「料理の鉄人」に似ていて、ゲストが自宅の冷蔵庫と共に登場し、リクエストした料理を割り当てられた8人のシェフ(1…

セルフお直し

今年の夏は服を作りませんでした。 数年前の自作の同型スカート2枚をなんとかせねばと思っていたのですが、なかなかやる気が出ず、7月に入ってから久しぶりにミシンを出しました。 取り掛かればそれほど時間はかからないのに。 暑さのせいにしておこう。 あ…

さよならWAON

できるだけ銀行口座・クレジットカード・ポイントカードの数を減らしておこうと思ったのに、ポイントに惹かれ、今年の1月にAEONカードセレクトに入会していました。 simplesingle.hatenablog.jp simplesingle.hatenablog.jp AEONカードセレクトはクレジット…

アボカド納豆

これは少し前の画像です。 愛してやまないエンサイと豚肉炒め、頂いたプチトマトが夏っぽい。 さて、個人的に一番簡単で美味しいと思うアボカドの食べ方。 ごはんの上にタレを入れずに混ぜた納豆と切ったアボカドを載せて醤油をたらします。 それだけ。 アボ…

負傷しながら栗の渋皮煮

姉の義実家から今年も立派な栗が。 栗ご飯の残りは渋皮煮。 包丁を使って鬼皮を剥いていたら、左手母指の爪の下にも切り込みを入れてしまいました。 そして、朝起きたら、右手の掌に水ぶくれ。 包丁で擦れたようです。 睡眠時間を削って 4回茹でこぼしました…

今年最後のゴーヤ?

ゴーヤと茄子とオクラとかぼちゃを頂きました。 チャンプルーは、豆腐よりも厚揚げが水切り不要で作りやすいので、最近はもっぱら厚揚げばかり。 茄子のピリ辛煮、ブナピーとオクラの胡麻ドレッシング和え。(←本当はお中元の素麺セットのつけだれ) 今年はゴ…

ゴーヤを食べ切る

小ぶりだけど5本のゴーヤが二カ所からやってきました。 ゴーヤチャンプルーで1本半を消費して、 2本半はジュースに使いました。 2人分でゴーヤとバナナを1本ずつ+牛乳かヨーグルトを適当に足してジューサーでガーッと。 バナナの甘味があるので蜂蜜などは加…

世間一般の試算なんてあてにならない

働き始めた頃、職場の同僚の友人に保険のセールスウーマンがいて、自作の勧誘資料を見せてもらったことがあります。 老後の貯蓄型の保険だったと思いますが、もらえる年金では三食カップ麺、それさえも食べられないかもと不安を煽る内容でした。←こんなイラ…

今年の夏の思い出ードラッグストアにて。

週末、実家に帰省中の兄の車でドラッグストアへ。 母の介護用品ー要するに紙パンツの買い出しです。 今まで使用していたものが肌に合わなくなったようで、姉から指示されたのは「ピンクのパッケージで袋の外からでも香料の匂いがするもの」 メーカー、商品名…

買い物は気晴らしにもストレスにもなる

日々の食事のための買い物。 疲れているので早く家に帰りたい状況下で店に行くのもストレスですが、安く買わなければならないと自らに課すプレッシャーも負担です。これは、あっちのスーパーの方が30円安い、とかね。 疲れる店のハシゴをしないために 卵と牛…

一番好きな話は【小夜しぐれ】の「迷い蟹」

高田郁さんの作品で読んだのは、みをつくし料理帖、とあきない世傳シリーズ。 あきない世傳は読んでいると、痛くて辛くなります。 未完なので、幸が智ぼんと幸せに添い遂げられるのか、母と妹はどうなるのか不安要素があります。 みをつくし料理帖の方も、こ…

もうすぐ四十郎ですが、の【椿三十郎】

昔、テレビで見た時にこんな人がいたのかと三船敏郎のかっこよさに痺れました。 午前十時の映画祭の今年の黒澤作品の1つです。 2枚目の加山雄三、仲代達也の鋭い眼光にびっくり 典型的な直情径行で考えなしの田中邦衛の若さにも唖然 9人ないし10人が画面に…

下巻から読んでしまった【十五の夏】

タイトル下部の【下】に気づかず。 10年以上前に極東ウラジオストク(1975年当時には外国人が訪れることができなかった都市)に行きましたが、それまで行ったことのあるアメリカ、イギリス、台湾とは、旅行の手配に始まり、重々しすぎる入国審査、現地での移動…

エコとかロハスとかフェアトレードとかサステイナブルに続きエシカル

最近耳にすることが増えたエシカル消費。 エシカルとは人道的、倫理的に正しいこと。 でもこのエシカルって、誰の、何の基準で決められるのか難しい。 卑近な例で、特売品・見切り品を買うことは、節約になり廃棄ロスを減らせて良かった、となるのかもしれま…

ユーズド品との付き合い方

正確に数えてはいませんが、持ち服の3割強は中古です。 近所にリサイクルショップがあるのと、メルカリでぐっと身近になりました。 抵抗がないわけではありません。 トップスは襟、脇、袖口の黄ばみが気になります。 それと匂い。 どんなものも独特の匂いが…

西日本豪雨

一週間経ちました。 近県では、二階へ逃げる垂直避難さえできずに亡くなった高齢の方が多数おられ、胸が痛みます。 被害に遭った家族、友人はおらず、生活の影響と言えば、交通事情により一時的にスーパーで牛乳やパンが品薄になった、数日間深夜にもスマホ…

酸味に傾いた弁当

トマトは梅酢と塩麹 にんじんは酢とレモンと塩オリーブオイル きゅうりは酢と醤油、砂糖みりん ピーマンと豚ひき肉は醤油みりん きゅうりとピーマンを大量に頂き、冷蔵庫の野菜室がぎゅうぎゅうでしたが、この作り置きでめどがつきました。 明日からはまたじ…

ユニクロをけなしたり、褒め称えたり

敏感肌を気取るつもりはありませんが、ものによってはカタカナの化学繊維の衣料品で皮膚が赤くなることがあります。 ジョギング用のユニクロのパーカは、走り終わって脱ぐと直接肌に当たっていた腕が赤くなっていました。 かつて、しまむらで買った日除け用…

手前味噌にならない

味噌がなくなったので、2月末に仕込んだ味噌を使い始めました。 なめてみると・・・塩味がとがっている、うまみが少ないのか?そんな味噌です。 麹と大豆のお値段+労力を考えると、買った方がいいだろうと思いつつ、来年もまた作るのではないでしょうか。 …

アナログがデジタルに勝るもの

高知に行ってきました。 目的は牧野植物園の「英国キュー王立植物園収蔵画とFlora Japonica」です。 植物画は、‘ 写実的’というのとも異なっていて、葉・花・実のつき方、成長段階と枯れていく様を一枚の絵で表す、のが特徴のようです。 ガクアジサイはこん…

ぬか漬けはたしかに発酵食品

そう思うのは、常温で置いたぬか床を触ると、ぼわっと膨らんでいるから。 発酵中のパン生地のようです。 漬けているのは、主にきゅうりと大根、時々にんじん。 変わり種で、プチトマト、下茹でしたじゃがいも、こんにゃく。 どれもイケます。 これからは、な…

自称 特別仕様の車

車を買い替えて一年が経ちました。 中古車販売業を営んでいる義兄から、これがいいだろうと勧められた軽自動車です。 よく見かける型と色ですが、一線を画しているのは(自分で言うのって・・・)ナンバーの色です。 軽自動車なのに黄色ではなく白。 ラグビー…

天然の着色

今年は赤紫蘇をもらったので、梅干しが鮮やかすぎるくらい赤くなりました。 漬けている梅の重量を忘れてしまったので、梅に対しての赤紫蘇の量がまたしてもいい加減です。 土用干しまでこのまま。