読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMPLE LIFE NOTE

迷走中の節約系シンプルライフ

夏支度&B型イメージを具現化した父

今年は例年よりも日照時間が少ないそうで、先週に入って葦簾を出した。

f:id:simplesingle:20150724052503j:image

日差しを遮るだけで、随分涼しく感じる。

このマンションに引っ越して来た年の夏、一人で8階まで階段を昇って運んでくれた父に感謝。長さがあり過ぎて、エレベーターに入らなかったと後から聞いた。捨てる時のことは考えたくない。

その父は、家電メーカーの系列会社で定年退職まで働いたが、残業や飲み会、会社員のしがらみみたいなものとは無縁だった。

毎日定時に退社。
会社のゲートを真っ先にくぐり帰途につくので、「副社長」と一部の人からは言われていたらしい。
世の中のお父さん、一般的なサラリーマン像がそうではないと知ったときは驚いた。
 
かと言って、社内で仕事ができない人の位置付けではなかったと思う。わたしが物心がついた頃は一応、管理職に就いていた。
 
マイペースで、ある面では人の評価を気にしなかった。
 
20代後半から始めた趣味を教えるなどして、今でも年金以外に収入を得ている。
後期高齢者でありながら、見た目も体力も実年齢より若い。
 
尊敬し感謝している点の一つは、家族の信条に賛同できなくても理解は示し、そのことで他人に何を言われても動じないところ。
 
 
f:id:simplesingle:20150715130835j:image
捨てない&購買意欲旺盛なマキシマリスト父からもらった琺瑯のカップ
洗濯バサミ入れにした

なぜこんな父の日っぽい文を書いたのか・・・?