SIMPLE LIFE NOTE

迷走中の節約系シンプルライフ

輪ゴム力

わごむりょく。

文字通り抱腹絶倒の、宮沢章夫さんの本にあった言葉。

エッセイ自体は、決してシンプルライフを勧める内容ではない。

記憶を頼りに書いているので、間違っているかもしれないが、家に集まってくる輪ゴムをもてあましたりせず、上手に使い切れる人の能力のことだったと思う。

冷蔵庫力というのもあって、冷蔵庫内をきれいに保ち、適切に配置する能力。

 

読んで以来、応用して「わたしはビニール袋力がないから、たまってきたね」などと使うようになった。(スーパーで肉や魚を買った時に自分で入れる透明のビニール袋)

我が家では、使い道はあるが使用する量以上にある物、便利な機能でも活用できていない状態を揶揄する単語として使われることがほとんどだ。

わたしには輪ゴム力も冷蔵庫力もビニール袋力もない。

ビニール袋や小さめのレジ袋は、もっぱら生ゴミを入れてゴミの日まで冷凍庫で眠らせておくのに使っている。使用サイクルが追い付かず、それ用のスペースからはみ出すほど押し込んであるのを見ると、「こんな物に支配されてなるものか」と憤然と捨てたりする。

スケールの小さい「捨て」である。


f:id:simplesingle:20150719123000j:image

自作のレジ袋入れ。ここに入る以上には溜め込みたくないので、マイバッグ持参派。