読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMPLE LIFE NOTE

迷走中の節約系シンプルライフ

住まいのトラブル事例集

実家を出て、今の家で6軒目。
平凡、地味に生きていても、それなりに危ない目に遭ってきたので、参考になるか疑問だが、書き出してみた。

①2階建てアパートの2階。
玄関ドアの新聞受けから覗かれていた。悲鳴を上げたら、逃げた。なぜか、警察に連絡・相談の発想がなかった。

②木造平屋一戸建て。
隣家に空き巣が入る。
カビ、白蟻、なめくじに悩まされる。
寝ている時に2回、ムカデに刺される。1回目は足、2回目は唇の下で3日間くらい麻酔のように痺れたまま。
鼠と対時。連れてきた実家の猫が食べる・・・
台風で膝まで浸水。引越しを余儀無くされる。

③4階建てマンションの3階。
洗濯機の排水ホースが外れて水浸し。階下の住人にお詫びに行く。
その階下の住人が激しく夫婦喧嘩。家族会議を開いている様子が伝わってくる。後、離婚した模様。

④5階建てマンションの4階。
ゴミ捨ての時間、基準が厳しくて泣きそうになる。(団地内の当番制で回ってくる見張り番の人が立っている時間帯に出さなくてはならないし、ゴミ袋に名前記入の義務付けあり)
2ケ月に一回の草刈りDayには強制参加。やむをえない事情があり不参加の場合は、当然反則金千円徴収。

⑤木造平屋一戸建て。
季節を問わず出るなめくじを素足で踏み、足に熱湯をかけて消毒したくなる。
目の前の畑に撒かれる肥やしの匂いに閉口。(田舎ですから)

⑥10階建てマンションの8階←現在
エレベーターは、2ケ月に一回程度の保守点検時には使用できない。荷物が多い時に当たると、喘ぎながら登ることになる。

害虫関係が多いのは、木造平屋が2軒とも超絶古くて、湿気がひどかったから。
4階以上になると、蚊が出ることはまずない。
今は何の脅威も感じずに、心穏やかに暮らせている。