SIMPLE LIFE NOTE

迷走中の節約系シンプルライフ

ATMをさまよう

職場で、お客様へのお釣りで不足気味になると予測して、千円紙幣の確保が今日のわたしの最重要ミッション。

銀行窓口で両替をお願いした場合、50枚以上になると手数料がかかるので、ATMで一旦10万円を自分の口座に入金し、100千円を出金。
機械からお札を数えてますぜ的なガガーッという音。
「お受け取りください」と開いた口に手を伸ばすと、そこにはピン札100枚。
いつもならきれいなお金は歓迎だけど、これでは数えづらくて、お客様に誤ってお返しして迷惑をかけてしまう。

だけど、そうだよね、機械の内部構造は分からないけど、入金した紙幣がそのまま次の人の出金に回る仕組みなら、この年末の何かとお金を使う機会が多い時に、ATMでは入金より出金する人の方が遥かに多いはず。
ならば、銀行さんも日本銀行から来たピン札の束をATMにどんどんセットして(想像が先走ってます)、それが両替機代わりに使用したわたしに持って行かれてしまった、と。

隣の郵便局ATMに行ってみようか、いや同じことだろうと自制。