読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMPLE LIFE NOTE

シングルが目指す始末の良い暮らし

ADHD対策

暮らす
f:id:simplesingle:20160415223228j:image
先日借りた本です。

診断されたわけではありませんが、自分にはADHDの症状がある、と感じています。

この本では、原因を「脳のワーキングスペースが小さい」とも説明していて、腑に落ちました。
脳の問題か、ただの不注意か判別できていないけれど、ケアレスミスの異常な多さ。
年齢・性格・仕事の内容が似ている同僚と比べて突出しています。
(迷惑をかけまくっても笑って許してくれているので、その同僚の不得意分野はカバーしようと思っています。)

提案されていて目に留まったのは
  • 遅刻しないために逆算して時間配分する
  • やることリストなどメモに書き留めて記憶の助けにする
これは今も心がけていることです。
裏を返せば、時間の計算はすごく意識していないと間に合わなくなることが多いということです。
自分で気づいて対策を取っていたのでしょう←よくやった、自分。


  • 片付ける時は、目につくまま思いつくまま、手を出さない。作業中のことに集中する。
何もかも中途半端にしがちなので、これは課題です。


不得意で、実は興味を持てない分野なのかもしれないけど、必要なので、どうしても覚えないといけないことがあります。
でも、なぜだか頭に入らない。
今までと違うやり方で勉強することも考えなければなりません。

自己憐憫に駆られず、ADHDを言い訳にせず(診断されてないけど)、自分の特徴と付き合おうと思います。