SIMPLE LIFE NOTE

迷走中の節約系シンプルライフ

鼻の穴に飛び込んで一生を終えなくてもいいだろう虫

高校の書道の時間、与えられた色紙に
咳をしても一人
と書き、
数年前のGWに、
フェリーに乗って小豆島の尾崎放哉記念館を訪ねるくらいなら、
 自由律俳句にハマるのも当然で
「カキフライがないなら来なかった」と

 f:id:simplesingle:20160620134931j:image

を読みました。

短い言葉で、説明されなくても情景が広がります。

 

さほど鳥になりたいとも思わず歌う

まだまだくすぶれる

ハワイのTシャツを着た老人が震えている

奮って参加したわけではない

 

が特に好きです。

 

今日のタイトルは、影響されて詠みました。