読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMPLE LIFE NOTE

迷走中の節約系シンプルライフ

弾丸東京一人旅

今月初旬に東京に行きました。

地方在住者にとって、都会の何が羨ましいかというと、催事の豊富さ。

ラジオで知って観たくなり、半ば発作的に行き帰りのチケットを確保、です。

行きは夜行高速バスで新宿まで。

兄一家のマンションの宿泊施設に一泊して、帰りは成田空港からLCC

 

まず最初の目的地、地元では使わないICカードと乗り換え案内アプリを使って、西武新宿線上井草駅へ。

いわさきちひろ美術館です。

f:id:simplesingle:20160811061108j:image

少し歩きますが、こんな看板があるので迷うこともなく着きました。

f:id:simplesingle:20160811061210j:image

村上春樹は、小説よりはエッセイの方が好きです。

安西水丸さん、大橋歩さんのイラストは本で観ていましたが、佐々木マキさんのは初めて。

佐々木さんが男性と知らず、そして、羊男のモコモコした感じがかわいかったです。

 

しかし、実はいわさきちひろの作品を観て、ここに来て良かったと思いました。

かつて、実家では毎日新聞を購読しており、集金時にくれる「毎日夫人」の表紙がいわさきちひろで、よく目にしていましたが、万人受けするありがちな作品の画家、と軽く見ていました。

郷愁を誘うような、なぜか切なくなるようなこの感情は何だろうか。

ポストカードを買いました。

f:id:simplesingle:20160810173359j:image

女の子の夏バージョンと冬バージョン。

 

もう一箇所

f:id:simplesingle:20160803155336j:image

夕刻の六本木のスヌーピーミュージアム

トイレの壁には

f:id:simplesingle:20160803155419j:image

でも、ローソンチケットで予約して1800円はちょっと高かったな。⇦文化施設の料金を払う時は、費用対効果を考えてしまいます。

スヌーピーが四つ足で歩いていて、チャーリー・ブラウンのキャラクターが少し違っている様子を観察できたのは楽しかったですが。

 

美術館の他は、友人二人それぞれに会いに都区外へ出ました。

ショッピングの予定はなかったので、お土産以外に買うものもなく。

 

一人旅のハードルを高くするのは食事だと思っています。

で、どうしたかというと、新宿駅東口改札近くのベルクで、モーニングとお昼の時間にカレーを食べました。

f:id:simplesingle:20160810172452j:image

これは持ち帰りのサンドイッチ。

客層がまちまちで、朝からビールの注文が入るので、お酒を飲まない自分には馴染めない雰囲気かと思いきや、雑多な感じが居心地の良いお店。

座るところがなくて立ち食いを覚悟していましたが、座れました。

コーヒーもトーストもカレーも美味しかった!

 

シーズンを外せば、飛行機代は半額くらいになるので、また計画したいです。