生活記録ノート

迷走中の節約系シンプルライフ

靴のメンテナンス費用に慄く

ちょうど一年前に仕事用の黒い靴を買いました。

幅狭、甲薄の足の靴選びは困難を極め、シューフィッターのいるお店で足型の測定までしてもらって、「これなら」と出されたストラップシューズのお値段は、心の動揺を隠せない金額でした。

それでも購入し、一年が経過しました。

入れてもらった中敷きのクッションがなくなり、右足親指が靴に当たって痛いのと、ストラップのマジックテープが効かなくなってきました。

調節してもらおうと持ち込むと、踵がすり減りすぎて、足の内側でバランスを取ろうとして靴が当たるようになった、らしいです。

中敷きは入れ替えてもらいましたが、踵とマジックテープの交換で4,320円かかります。(涙)

修理に一週間必要で、今は外反母趾がひどくなりそうで履くのをやめたけど捨ててなかった靴で仕事をしています。

外反母趾もそうだけど、腰まで痛くなりそうで、一週間後が待ち遠しい。

そう考えると、高くてもこまめにメンテナンスに出して履き続ける方が、トータルでお得なのかもしれません。

うーん、でもでも。