生活記録ノート

迷走中の節約系シンプルライフ

アナログがデジタルに勝るもの

高知に行ってきました。

目的は牧野植物園の「英国キュー王立植物園収蔵画とFlora Japonica」です。

f:id:simplesingle:20180628202410j:image

植物画は、‘ 写実的’というのとも異なっていて、葉・花・実のつき方、成長段階と枯れていく様を一枚の絵で表す、のが特徴のようです。

f:id:simplesingle:20180630150014j:image

ガクアジサイはこんなふうに

 

「写真に撮ると平面にしか見えないものが、絵では立体的に見える」とは流れていたビデオの解説のお言葉。

 

キューガーデンも、牧野植物園も、植物の採集のためには多大の労力と費用がかかったわけで、観たい知りたい集めたいという知的探究心に圧倒されます。

 

観終わった後は、ディープなアジアごはん屋さんに行き、

f:id:simplesingle:20180628202454j:image

家族と職場へのお土産を買って予定より早く帰途につきました。

ここのところ、体調がいまいち良くなく、軽い熱中症なのか頭痛がしてきたので。

 

f:id:simplesingle:20180628202531j:image

駒つなぎ。

みをつくし料理帖で小松原が澪に「この花をみるとどういうわけだかお前さんを思い出す」と言った花ですね。

 

f:id:simplesingle:20180629132319j:image

牧野植物園のシンボル バイカオウレン

 

 

f:id:simplesingle:20180629132212j:image

植物園から高知駅までの帰りのノスタルジックなバス