生活記録ノート

迷走中の節約系シンプルライフ

ユーズド品との付き合い方

正確に数えてはいませんが、持ち服の3割強は中古です。

近所にリサイクルショップがあるのと、メルカリでぐっと身近になりました。

抵抗がないわけではありません。

トップスは襟、脇、袖口の黄ばみが気になります。

それと匂い。

どんなものも独特の匂いがあります。

なので、買って帰るとor届くと即座に洗濯機で洗います。

黄ばみは石けんでゴシゴシしたり、漂白剤をつけたり。

エマールでは無理なドライクリーニングオンリーのものは、風通しの良いところに干します。

そして、アイロン。

かけていると、気づかなかった汚れやほつれを見つけることができます。

この「洗い」と「アイロン」で、他人のもの、から自分のものになる感じです。

 

f:id:simplesingle:20180728153631j:image

ADAM ET ROPE

オックスフォード生地で角ばっていない襟の形が珍しかったので。

税抜き700円のところ2割引。

気になる黄ばみは少し薄くなりました。

f:id:simplesingle:20180728154350j:image

Aylesbury

税抜500円の2割引。

袖下にほつれがあり、ミシンをかけて直しました。

どちらも折り伏せ縫いではありません。