生活記録ノート

迷走中の節約系シンプルライフ

「自己評価が低すぎる」からの魚・納豆・アボカド推し

会社のストレスチェックで高ストレス者と判定され、産業医との面談を受けました。

 

医師によると、事前に入手していた人間ドックのデータから、身長と体重のBMIが低いことから摂食障害の資料を主に用意していたようです。

・・・そうですか。

 

3時間にも及ぶ面談の中で、「話を聞いてると、あなたは接客に向いてると思う。自己評価が低すぎる。もっと自分に自信を持って。」と言われ、実のところ泣きそうになったのですが、「そう言われても信じられないです。」と言い返していました。

ネックになっている問題について、上司に改善の勧告はしてくれるそうですが、難しそうだから期待はしていません。

所属している職場の人間関係が原因ではありません。(だから面談を受ける気になり、でなければ気まずくなると思って躊躇したであろう)

それを知らない上司からはまるで腫れ物を触るような扱いになっています。

物言いがきつい人だから却って保護になってラッキー、と喜んでいいのか・・・

 

自分でできることとしては、心が折れないように運動の他、魚と納豆をアボカドを意識してもっと食べるようプッシュされました。

魚。

植物性タンパク質だけでは足りないんだろうな。

周りを変えるより自分が変わる方がまだ易しいと分かっているものの。

 

f:id:simplesingle:20200125060549j:image

今日の朝ごはん。

納豆の黒いのは友人作のいりことごまのふりかけです。