読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIMPLE LIFE NOTE

シングルが目指す始末の良い暮らし

年に1回の検査day

呟く 働く
5年前に会社の人間ドックの触診で指摘された腫瘤は、癌だった。
と言っても、再発・転移の可能性は限りなく低く、最もたちの良い癌とも解説されている、甲状腺乳頭癌。
その頃は仕事が非常にストレスで、手術・入院・自宅療養で約1カ月休めることを心の支えにして諸々の不安も乗り切った。生きるか死ぬかの手術ではなくても、事前の説明を受けると大変そうだったので。

費用について言えば、会社の健康保険組合の有り難みをこれほど感じたことはなかった。
限度額適用認定証の交付に加え、組合独自の、一ヶ月間の窓口で払った医療費が、確か25,000円を超える額は、後日給付された。休んでいた間の給料がないから苦しいかな、と思っていたら、傷病手当金も支給。
これで、ガン保険に加入していたら…と腹黒く思わなくもないけど、私レベルの先端医療技術を必要としない病気で、会社の制度を利用できれば、民間の医療保険は加入しなくてもよかったかな、と思う。'契約'とついていても、社員扱いしてくれた健康保険組合に感謝。

さて、今年もCT検査の結果、問題なし。来年からはエコー検査だけになる。

f:id:simplesingle:20150824125642j:image
大学病院敷地内のスターバックスにて。今日は水分は可でも絶食だったのでカロリー補給。

f:id:simplesingle:20150824125946j:image
大学病院ならではのネタはいろいろあるので、またいつか。