生活記録ノート

迷走中の節約系シンプルライフ

【冷蔵庫によろしく】

最近、無料動画サービスGYAO! で土日更新される韓国の料理バラエティ「冷蔵庫によろしく」を楽しみにしています。

 

シェフが対決するかつての「料理の鉄人」に似ていて、ゲストが自宅の冷蔵庫と共に登場し、リクエストした料理を割り当てられた8人のシェフ(1回の収録で2人のゲスト✖️それぞれ2品をリクエスト✖️2人のシェフ)が冷蔵庫の食材で15分以内に作り、それを司会のMCと非番のシェフたちが時に解説やアドバイス、ツッコミを入れつつ見守り、試食、どちらが美味しいかゲストが判定を下すという内容です。

 

とにかくシェフたちが個性豊かで、

  • わかめを包んでいた新聞紙の不動産の広告に「このマンション安いよ」と見入るシェフ
  • ゴージャスな食材には手を出さず、ごくごく普通の卵とトマトなどで本職のシェフに勝ってしまう本業漫画家のシェフ(この方の料理は真似できそう)
  • 初出演で天然キャラのため、ゆったりと片付けをしつつ作っていて、他のシェフに「それじゃ間に合わないぞ、ここは俺がやっておくから、そっちを!」(←ほんとは手助け禁止)と気遣われてしまうシェフ
  • 火をつけたり、塩を振ったり無駄なアクションが多いシェフ
  • それに気が散ってペースを乱されるシェフ
  • チーズやバジルが見つからず、他のシェフやゲストまで動員してしまうシェフ
  • 旨味がないからとついに禁断の化学調味料に手を出すシェフ

書き出しているとキリがないほど面白いエピソードがあります。

 

対戦相手を決める前の冷蔵庫チェックでゲストの私生活が想像でき、期限切れの調味料は問題ない、何個か腐っているミニトマトがあっても「他のは洗えば使える」と判断されたり、冷蔵庫の中身にも親近感が湧きます。

また、美味しいものは美味しいと恍惚とした表情で惜しみなく褒めるなど、料理人の気概も感じます。

お国柄なのか、一人暮らしでも大きい冷蔵庫にお母さんが送ってきた常備菜、冷凍の牛骨スープ、サーモンとかフォアグラとかポルチーニとか高級な食材も詰め込まれていて、作ってみようと思える料理は少ないのですけどね。

見逃した回を有料で見るか迷っています。

 

f:id:simplesingle:20181007113900j:image

今日の昼ごはん

豆もやしのスープに載せたオクラは傷みかけ