生活記録ノート

迷走中の節約系シンプルライフ

マスクがエチケットになりつつある

通常は、マスクはふさわしくないとされている接客業です。

2月に入ってから原則着用の指示があり、会社から1日1枚支給されています。

同じ会社の人とマスクで顔を合わせると、何か悪いことをしている共犯者のような気分になります。わたしだけか。

どのくらい効果があるのかあやしいところですが、新型コロナウイルス感染者が出ても、広がらないよう対策はしていたという防御的な意味合いが強いでしょう。

わたし個人としても、もし感染したら「マスクはしてました」と言いたい。

 

高齢の両親もいますし、マスクが過剰在庫になるくらい、早く終息してくれることを心から願っています。